事業内容

新築建物の構造設計
お客様が求めるプランに対し必要とされる安全性を定めた上で、その要求性能を満たす構造を設計し、適切な工学判断を行います。また、意匠設計・設備設計との調整を行い、創造した空間を現実に作る為の検証を行います。
当社では、昨今需要が高まってきている免震・制振技術も徐々に取り入れ、SNAPやmidas等の弾塑性解析ソフトを用いた応力解析、BIMを用いた3次元モデルを作成し、超高層建築物や複雑な建物の設計を行っています。
超高層モデル図
超高層モデル図
貫通孔を有する鉄骨梁の応力図
貫通孔を有する鉄骨梁の応力図
貫通孔を有する鉄骨梁の変形図
貫通孔を有する鉄骨梁の変形図
リニューアル設計
(耐震診断・補強設計)
昭和56年(1981年)に現行の耐震設計基準に適合しない、いわゆる耐震既存不適格建築物の耐震改修の推進を目指す「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行されました。これにより、建築業界において建物の安全性を保つための努力が続けられています。私達アルコンとしては微力ながらも建築・建造物の安全をご提供することで、皆様が生活する社会の安全に貢献しています。
当社はリニューアル設計(耐震診断・補強設計)のみを行うのではなく、設計者自ら建物の調査を行う為、現状を考慮した様々な提案が出来ます。建物の現況調査から補強設計まで一貫して行えるのは当社ならではの強みです。
また、当社は、特定天井の調査から補強提案まで行うことができます。特定天井とは、体育館やプールなど、人が日常的に立ち入る場所に設けられている『脱落によって重大な危害を生ずるおそれがある吊り天井』のことです。この特定天井の調査については、一級建築士の資格がなければ取得できない天井耐震診断士という資格が必要ですが、当社はその資格保持者が在籍しているため調査及び提案が可能です。
実績紹介
これまでの新築設計、
リニューアル設計の実績をご紹介します。
お問い合わせ
ご質問やご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください。