アルコンの特徴

最先端の設計にも対応できる
「ソフトウェア」の導入・活用
当社は、設計において必要なソフトウェアを多く導入しています。
その一つがBIMソフト(Building Information Modeling)です。これを用いることで、意匠、構造、設備の一元管理を行うことができます。ほとんどの設計事務所が所持していない中、当社はBIMソフトを導入し、活用しています。
また、立体応答解析(FEM解析、時刻歴応答解析、増分解析など)ができるMidasソフトを導入したり、SNAPやMidasを使用した免震・制振構造への対応を行う等、最先端技術を導入することで、高い品質と業務の効率化を実現しています。
ISMS認証取得や
サーバー導入による万全な
「情報セキュリティ対策」
ISMSは、情報セキュリティマネジメントシステムのことです。IT化の進展により情報資産に対する脅威が高まる近年、情報セキュリティ強化のため、ISMSの構築や運用は重要だと捉えています。
当社は、第三者機関によるISMS適合性評価制度の認定を取得することで、高い情報セキュリティレベルを達成していることを証明されています。
また、セキュリティを担保した上で、緊急時等のPC作業を可能にするため、仮想サーバーを導入しております。サーバーの仮想化(1台のサーバー機上で仮想化ソフトウェアを動作し、その上でサーバーOSを動かす技術)により一つのサーバーに多くの機能を持たせることで、機能を低下させることなく効率的かつ安全に作業を行うことができるうえ、常に最新のサーバー上で運用することができます。
「社内品質管理」による
社内技術レベルの向上
当社の特徴の一つとして、組織による対応を行っていることが挙げられます。個人ではなく組織単位で対応するため、より高品質なものを短期間で納品できます。
また、社内の品質管理にもこだわりがあります。通常、個人の事務所では担当者が1人で設計から納品までを担うことが多いですが、当社は社内で決められたルールに従い、複数回社内協議を行います。この制度があるため、先輩社員から知識・技術を学んだり、高度な設計に挑戦したりすることができ、高い技術力を習得することが可能です。
事業内容
アルコンの新築設計、
リニューアル設計についてご紹介します。
企業情報
会社概要、社長挨拶などを
ご覧いただけます。